モチベーションアップ

仕事の失敗で落ち込む自分をスッキリ立て直す対処法を伝授!

「失敗が頭から離れない」
「仕事で落ち込んで立ち直れない」
「もう仕事に行きたくない」

仕事に失敗してしまうと、また失敗するんじゃないかと思って挑戦できなくなってしまったり、立ち直るまで時間が掛かってしまうことってありますよね。

私も新人だった頃に経験したことがありますが、なんとか立ち直って次の仕事に取り掛かろうとしても、前に失敗した状況を思い出してなかなか前に踏み出せず、何もせずに数日が過ぎてしまうなんてことも。

失敗は「同じ過ちを繰り返さない」ことを教えてくれる貴重な経験ですが、そのせいでいつまでも落ち込んでしまうと、成功するチャンスを見逃してしまいます。

ここでは、仕事の失敗で落ち込んだ気持ちを立て直す具体的な方法を紹介しています。

本文を読んで、落ち込んだ気持ちをスッキリ立て直し、前向きな気持ちで楽しく仕事に取り組めるようになりましょう!

仕事の失敗で落ち込んだ気持ちを立て直す具体的な方法

悩みや不安を人に打ち明けよう

もし、あなたの周りに悩みを聞いてくれる人がいるのなら、思い切って失敗した時のことを話してみましょう。

なぜなら、人に話をすることで自分の頭の中が整理されていくからです。

頭の中だけで物事を考えていると、ぐるぐると同じことばかり考えてしまいます。ネガティブな気持ちのまま、嫌なことを考え続けてしまうんです。

人と話をしていると、話をしているうちに頭の中が整理され、自分が悩んでいたことが実は大した問題ではないことだったり、思い込みであることに気が付きます。

話の途中で「あ、あの時こうしたらよかったんだ」って自己解決することもありますよ。

身近な先輩や同僚、友人を思い切って食事に誘い、悩みを話してみてはいかがでしょう。

悩みや不安を紙に書き出そう

もし周りに話を聞いてくれるような人がいない場合は、悩みや失敗した時のことを紙に書き出してみましょう。

紙にもやもやした気持ちを吐き出すように書くんです。

自分以外は見ることはありませんので、殴り書きでもいいのでどんどん書き出してみましょう。

そうすると、頭の中でいっぱいになっていた不安や心配事が外に吐き出され、頭の中をスッキリさせることができます。

不安や心配事を書き出したメモを破って捨ててしまうというのも効果的です。

これによって、気持ちを切り替えて前に進むことができるようになります。

私のデスクのそばには、いつもメモ帳が置いてあります。

もちろん、重要なことや忘れてはいけないことを書くためにも使っていますが、嫌なことがあると、そこに殴り書きのように頭の中にあるもやもやした不安を書き込み、ぐしゃぐしゃにしてゴミ箱に捨てるようにしています。

メモは頭の中の記憶を外に溜めておくことができる手段の一つです。

日頃から「メモを書いたら忘れる」という意識を持つと、より気持ちの切り替えができるようになります。

外をランニングしてみよう

心配事でくよくよ落ち込んでいる場合には、外をランニングしてみましょう。

なぜなら、ランニングなどのリズム運動は、科学的にストレス発散に有効な手段であることが証明されているからです。

走るのが苦手な人は、散歩でも構いません。

リズム運動をするとセロトニン(幸せホルモン)が分泌されます。

セロトニンには、以下のように落ち込んだ気持ちを解消してくれる効果があるんです。

  • 不安や憂鬱な気持ちが解消する
  • イライラや怒りが減少する
  • 目が覚めて意識がはっきりする

私がシステムエンジニアとして働いていた頃、開発してきたシステムをダメ出しされ、ひどく落ち込んだ時期がありました。

休日も何となく仕事のことを思い出してしまい家に引きこもりがちだったのですが、ランニングがストレス発散に良いことを知り、晴れた良い天気の日に実際に外を走ってみたんです。

最初は仕事のことを考えながら走っていましたが、途中から身体の動かし方や自分の呼吸を気にするようになり、段々と周りの景色を楽しむ余裕が生まれてきました。

走っていると気が散るので、仕事のことを考えることが途切れ途切れになっていきます。

次第に仕事についても「なるようになれ!」と開き治る気持ちが生まれ、気持ちを落ち着かせることができました。

家の中でテレビや映画を見たり、漫画を読んだりするのは、その瞬間だけは仕事のことを忘れられて良いですが、その時間が終わるとまた失敗した時のことを思い出してしまい、根本的な解決にはなりません。

走っているのか歩いているかわからないくらいのゆっくりとしたペースでも構いませんので、まずは外に出てみましょう。

ランニングや散歩は落ち込んだ気持ちを立て直すには効果絶大です。

ちなみに、セロトニンは日光を浴びるとさらに分泌が活性化するので、できれば昼間にランニングすることをお勧めします。

たくさん睡眠を取ろう

仕事の失敗で落ち込んだ時には、思い切り寝てみましょう。

睡眠には脳を休めてストレスを緩和させる効果があるんです。

睡眠には以下の効果があります。

  • 心身の疲労が回復する
  • 脳の損傷が回復する
  • 自律神経が整いストレス耐性が向上する

睡眠不足が続いている時は、不安感や抑うつ感、被害妄想が発生しやすくなると言われています。

このような時は、不安や緊張状態に過敏に反応し、精神が不安定になってしまうんです。

ぐっすり眠ることで脳内の有毒物質を洗い流し、ストレスやうつ症状を緩和してくれます。

特に、前述したリズム運動を行った後に寝ると、リズム運動で分泌されたセロトニンがメラトニンという物質に代わり、質の良い睡眠を取ることができるようになります。

デスクワークなどの疲労だと質の良い睡眠をとることができないんですよね。むしろ、逆に目が冴えてきて夜更かしをしてしまうことも。

運動をすると、自然とまぶたが重くなってきて、すぐに深い眠りにつくことができるようになります。起きた時には脳がスッキリしているのを体感できます。

リズム運動+睡眠は頭をスッキリさせる最大のコンビネーションですよ!

自分の失敗を許せる考え方を持とう

失敗しても早く立ち直れるように、自分の失敗を許せるようになりましょう。

なぜなら、自分の失敗を認め、それを許すことで、ネガティブな気持ちを引きずらずに次に挑戦することができるようになるからです。

失敗しない人は世の中に存在しません。人間誰しもが100%失敗を経験したことがあります。

失敗する中で、それを認めて次に進む人と、いつまでも失敗した自分を責めてくよくよ悩み続けてしまう人では、前者の方が成功体験が多く、幸福感が強いことがわかっています。

それもそうですよね、そもそも失敗を引きずっている人は、次にまた失敗することが怖いので、チャレンジすることが無くなり、成功する機会を失っているのです。

「失敗する⇒失敗が怖くなる⇒チャレンジしなくなる⇒チャンスを逃す⇒自身が無いのでまた失敗する」といった負のループを繰り返してしまいます。

私は「失敗しても自分を許す」という考えを持ってから、苦手なプレゼンテーションや人前での講和も積極的に行うことができるようになりました。

失敗しても、「しょうがない。ここはダメだったけど次は同じ失敗をしないように準備しよう。」これで終わりです。過去のことばかり考えても、状況は変わりません。

大事なのは、失敗に向きあい、それを認め、次に生かすことです。くよくよ落ち込んでいる間に、周りの人は先に進んでしまいますよ。

反省は必要ですが、失敗した自分を責める必要はありません。自分を許してあげる思考を持ちましょう。

仕事をゲーム化して失敗を乗り越えよう

仕事をゲームだと思ってみましょう。

クリアできなくても、次頑張ればいい。その程度のことだと思ってみましょう。真面目なあなたには、仕事=ゲームだと思うくらいが丁度いいんです。

子どもの頃、テレビゲームやトランプなどのカードゲームをやりませんでしたか?

私はTVゲームのドラゴンクエストにはまり、強い敵を倒すのを目標に日々頑張ってレベル上げをしていたのを覚えています。

強い敵が倒せなくても、「またレベルを上げて挑戦しよう!」とか「この技よりもあの呪文が効果的だな」とか、自分なりに考察してチャレンジしたものです。

仕事もゲームだと思って「これができたらクリア!」って考えたら、肩の重荷がスッと軽くなりますよ。

仕事の達成度をポイント制にして、10ポイントに達したら自分の好きな物を買う、20ポイントに達したら友人と旅行に行くなど、自分で目標を定めてもやる気がアップして良いですよ。

仕事をゲーム化することで「所詮はゲーム」と開き直ることができ、気持ちを入れ替えて次に進むことができたり、やる気をアップさせるきっかけにすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、仕事の失敗で落ち込んだ気持ちを立て直す具体的な方法を紹介しました。

仕事の失敗で落ち込む自分をスッキリ立て直す対処法

  • 悩みや不安を人に打ち明ける
  • 悩みや不安を紙に書き出す
  • 外をランニングしてみる
  • たくさん睡眠を取る
  • 自分の失敗を許せる考え方を持つ
  • 仕事をゲーム化する

仕事を失敗すると周りの目が気になったり、できなかった自分を責めたりして落ち込む気持ちはよくわかります。

しかし、いつまでも過去を引きずったって、現状も未来も変わらないんです。むしろ、落ち込んでいる間に周りに取り残されていくかもしれません。

失敗すると「ゲームオーバー」でしょうか。

違いますよね。失敗しても私たちの人生は続いていきます。

もっと気楽に考えたり、睡眠やランニングなどの脳をリフレッシュする行動をとることで、早くに自分を立て直せることができるようになりますよ。

成功体験を重ねるためにも、自分の失敗を許せる人になりましょう!