AGAの基礎知識

AGA発症の原因とは【20代でAGA発症の私が解説】

  • AGAを発症する原因は何なんだろうか
  • 親がハゲているけどAGAに遺伝は関係あるのかな
  • AGAを発症した場合の対策を知りたい

20代でAGAを発症し、その後、見事に改善した私がこのような悩みに答えます。

AGAは20代でも発症する進行性の脱毛症です。

AGAをひとたび発症してしまうと、何かしらの対策をしなければ、ハゲてしまうことは避けられません。

AGAの原因は結論から言うと、男性ホルモンが大きく関与していますが、遺伝やストレス、生活習慣など様々な要素が絡み合っているんです。

この記事では「AGA発症の原因と対策方法」を解説しています。

ハゲると周りの目線は気になるし、女性にはモテないし、良いことは一つもありませんよね。

本文を読んで、AGAの原因を知り、できるだけハゲないように日頃からケアをしていきましょう。

AGA発症の原因とは

AGA発症の原因その1:男性ホルモン

少し専門用語が出てきてややこしいですが、AGAは男性ホルモンの影響が最も大きいと言われています。

男性ホルモンは、ひげや体毛を濃くしたり、ガッチリした体格への発達を促す、いわゆる男らしさを形成するホルモンとして知られていますよね。

この男性ホルモンのうち「テストステロン」という男性ホルモンが「5αリダクターゼ」という酵素と結びついたとき、「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンに変換されます。

【イメージ図】

この憎き「ジヒドロテストステロン」こそがAGAの最大の原因です!

こいつが毛乳頭細胞内のレセプター(受容体)に結びつくと、成長抑制因子が「細胞の自然死」を促すシグナルを発信し、ヘアサイクルを乱してしまうのです。

本来なら正常な毛は成長期が2~5年ありますが、ヘアサイクルが乱れると、正常な髪の毛の成長期が短縮され、毛が成長しないまま抜けてしまいます。

こうなると次第に細く短い毛が増えていき、髪の毛にボリュームが無くなり、最終的にはハゲて見えるようになってしまうのです。

AGA発症の原因その2:遺伝

「テストステロン」「5αリダクターゼ」と結びつくことで生まれる「ジヒドロテストステロン」が、さらに毛乳頭細胞内の「レセプター(受容体)」と結びつくことが、AGAの大きな原因になることはわかっていただけたと思いますが、実は以下の2点は遺伝によって決まると言われています。

  • 「5αリダクターゼ」の数の多さ
  • 「レセプター(受容体)」の感度

「5αリダクターゼ」が少ないと、「テストステロン」と結びつく全体数が減るので、あの憎き「ジヒドロテストステロン」も数は減りますよね。

また、「レセプター(受容体)」の感度が低いと、「ジヒドロテストステロン」がたくさんあったとしても、そもそも結びつかないため、ヘアサイクルの異常が発生しなくなります。

この「5αリダクターゼの数の多さ」「レセプター(受容体)の感度」は人によって様々です。

このため、AGAに遺伝は大きく関わっていると言えます。

ちなみに、「5αリダクターゼ」がほとんどない人もいるようです。

この人たちは、男性ホルモンが多くても「ジヒドロテストステロン」が生成されにくいため、ハゲとは無縁の生活を送っているんだとか。

いますよね!たまに髭も体毛もボーボーで男性ホルモンが多そうなのに全く髪が薄くなっていない人が!

本当に羨ましい限りです。

でも、AGAには遺伝が大きく関わっているので、産まれた時からのハゲる運命に逆らえないのかと言うと…そんなことはありません。

AGAの改善方法はしっかり存在していますので、あきらめる必要はありませんよ。

AGA発症の原因その3:ストレス

日々のストレスもAGAを引き起こす原因になると言われていますが、ストレス社会の現代では、ストレスを完全にゼロにしろと言われても無理な話ですよね。

ストレスがAGAの原因になると言われているのは、主に以下の内容によるものです。

  • ストレスはホルモンバランスを乱す。
    ➡男性ホルモンが優位になるとAGAを引き起こしやすくなる。
  • ストレスは自律神経を乱す。
    ➡血管を収縮し、頭皮への血流を悪くするので、髪の毛に栄養が届かなくなる。
  • ストレスは食欲や睡眠に悪影響を引き起こす。
    ➡頭皮への血流が悪くなったり、必要な栄養素が摂取できなかったりするため、髪の毛に栄養が届かなくなる。

ストレスの感じ方は人それぞれですが、ストレスを溜めないようにポジティブに過ごすことが大切ですね。

日頃から、できるだけ日光を浴びるようにしたり、適度なリズム運動をすることで、ネガティブな感情を和らげると言われているセロトニンを体内に分泌させ、ストレスを溜めないようにしましょう!

AGA発症の原因その4:生活習慣

生活習慣が乱れていると肌が荒れたり、太ったりするので、身体には良くないということはなんとなく想像できますよね。

もちろん、髪の毛にとっても良いことではなく、AGAを助長させる一因になっています。

AGAを助長させる生活習慣とその理由は以下のとおりです。

不規則な食生活

高脂肪・高コレステロールの物ばかり食べていると、血流が悪化したり、皮脂の分泌が過剰になります。

血流が悪化すると髪の毛の成長に必要な栄養素を頭皮に届けられなくなりますし、過剰な皮脂は頭皮環境を悪化させる可能性があるので、野菜を多く取るなど食生活に気を付けましょう。

私は、体質的に脂肪分の多いお肉やおやつを食べた次の日には、頭皮にニキビができるなど、頭皮環境が悪化しやすいんです。

私のような体質の人こそ要注意ですね。

お酒の飲みすぎ

過度な飲酒も髪の毛の成長には良くありません。

アルコールを分解する時は、髪の毛に必要なミネラルと亜鉛を消費します。

髪の毛はケラチンと言うタンパク質でできていますが、亜鉛は、このケラチンの結合を促進する効果がありますので、特に重要な栄養素と言えます。

お酒の飲みすぎはほどほどにしましょう。

喫煙習慣

タバコは言わずもがな、身体にとって良いことは一つもありませんが、当然髪の毛の成長にも良くありません。

タバコは血管を収縮させ、血流を悪化させます。

繰り返しになりますが、血流が悪化すると、髪の毛の成長に必要な栄養素を頭皮に送れなくなりますので、AGAを助長させてしまいます。

運動不足

仕事中などは、デスクに座りっぱなしになることも多いですよね。

でも、運動不足は血流を悪化させてしまうので、髪の毛の成長には良くないんですよ。

運動不足の解消にオススメなのは、外の散歩やジョギングです。

外に出て日光を浴びつつ、適度なリズム運動をすることで、ストレス解消に一役買うセロトニンという幸せホルモンが体内に分泌されます。

運動不足を解消しつつストレスの解消にもなるので、一石二鳥になりますよ。

頭皮に負担のあるシャンプーを使っている

シャンプーの洗浄力が強すぎると、皮脂を過剰に取りすぎてしまいます。

皮脂は、分泌しすぎても良くありませんが、頭皮の保湿やバリア機能があるため取りすぎても良くないんですよね。

しかも、皮脂を取りすぎると、不足した皮脂を補うため、さらに過剰に分泌されてしまうという悪循環。

ドラックストアーなどで販売されている安価なシャンプーは「高級アルコール系」と呼ばれる洗浄力が強いシャンプーが多くオススメしません。

私のオススメは、こちらのスカルプDシャンプーです。

なぜなら、私が10年ほど実際に使い続けていて、頭皮環境が著しく悪化したり、かゆみが出たりということが無いからです。

私がAGA治療をする際、きちんと頭皮環境の土台作りをしてくれました。

公式HPにもこのような記述があります。

独自開発の洗浄成分「アミノウォッシュ+」によって、頭髪の潤いをキープしながら、不必要な汚れ・皮脂だけを洗い落とすことを可能にしています。頭皮への負担と考えられる成分は配合しておりません。

スカルプDは公式サイトで定期購入するのが最も安価なので、気になる人はチェックしてみてください。

 

AGAを発症してしまった場合の対策3点

ここまで、AGAの発症となる原因を書いてきましたが、もしAGAを発症してしまったとしても、あきらめる必要はありません。

ハゲを食い止める手段はありますので、ここからはAGAを発症してしまった場合の対策を書いていきます。

AGAクリニックに通う

AGAクリニックの通院には以下のメリットがあります。

  • 発毛・育毛効果の高い治療ができる
  • 専門医が適切な診療をしてくれる

AGAクリニックでは、専門医がカウンセリングを行った後、あなたの頭皮状態を確認して最適な治療方法を提案してくれます。

治療方法は、プロペシアやミノキシジルを使った投薬治療が一般的です。

これらの薬には、以下の効果があります。

プロペシア
ジヒドロテストステロンの生成に必要となる「5αリダクターゼ」を抑制することができます。
先ほど書いたように、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することができれば、AGAの進行を止めることができますよ!

ミノキシジル
育毛効果が最も証明されている成分の一つで、頭皮の血行や毛母細胞の活性化を促進する効力があります!

プロペシア+ミノキシジルは高い効果が期待できるAGA治療です。

私もこの方法で薄毛を改善することに成功しています。

ただし、AGA治療で一番気を付けなくてはいけないのが、プロペシアやミノキシジルの使用による副作用です。

プロペシアの主な副作用
食欲減退・全身倦怠感(肝機能障害)・性欲減退・勃起機能不全・乳房障害・抑うつ症状

ミノキシジルの主な副作用
体毛が濃くなる、多毛になる・男性機能の低下・体のむくみ・動機・めまい・肝機能障害

AGAクリニックなら、定期的に血液検査や医師の診療があるので、安心して治療を受けられます。

安全に、かつ高い効果を期待するなら、AGAクリニックに通うのが最適解です。

AGA治療薬をネット通販で個人輸入する

先ほど説明したプロペシアやミノキシジルは、ネット通販で個人輸入することで購入することもできるんです。

ところが、「副作用が出ても自己責任になってしまう」という大きなデメリットがあります。

AGA治療で一番怖いのは副作用ですから、万が一の場合は、相談できる専門医がいた方が安心できますよね。

ネット通販では、AGAクリニックに通う負担が減る代わりに、薬を使うか止めるかは全て自己責任になってしまうのです。

どうしてもAGAクリニックに通えない事情がある場合には、ネット通販で個人輸入するのも便利ですが、安全を担保するなら、多少の金額は増えてもAGAクリニックに通うの良いでしょう。

ハゲを食い止めるのに健康を害してしまったら意味がないのですから。

育毛剤を使用する

副作用がないAGA治療としては、育毛剤を使用する方法があります。

ただし、物によって成分や効果が異なるので、自分にあった育毛剤を選ばないと効果は実感できないでしょう。

そんな中でも、私が育毛剤をオススメするならば、【薬用プランテルEX】をオススメします。



なぜなら、薬用プランテルEXに含まれている「リデンシル」は、AGA治療でも使われるミノキシジルの2倍の効果があると言われているからです。

リデンシルは、髪の毛の元となる「毛母細胞」に働きかけて、髪の毛の成長を根元から活性化させる成分で、海外の文献によると、ミノキシジル1%とリデンシル1%それぞれを含んだ育毛剤を使ったところ、ミノキシジルが118%、リデンシルは214%と、育毛成長度に2倍も差がついたということです。

引用:「skinfab

薬用プランテルEXは、全額返金保証が30日分付いていますので、使用効果が不安な場合でも、安心して試すことができますよ。

薬用プランテルEX 公式サイトはこちら

まとめ:AGA発症の主な原因は4つある

AGA発症の原因

  • 男性ホルモン
  • 遺伝
  • ストレス
  • 生活習慣

AGA発症の原因は上記のとおりです。

少々専門用語もありましたが、「テストステロン」が「5αリダクターゼ」と結びつくことで生まれる「ジヒドロテストステロン」が、さらに毛乳頭細胞内の「レセプター(受容体)」と結びつくことで、ヘアサイクルが乱れハゲてしまうことを解説しました。

また、「ジヒドロテストステロン」の生成の基になる「5αリダクターゼ」の数や、「レセプター(受容体)」の感度は、遺伝によるものなので、AGAには遺伝が大きく関わっていることも解説しました。

ストレスや生活習慣もAGAを助長させることになるので、日頃からケアが必要です。

でも、AGAになってもあきらめる必要はなく、以下の対策により改善できます。

  • AGAクリニックに通う
  • AGA治療薬をネット通販で個人輸入する
  • 育毛剤を使用する

どの方法もお金はかかってしまいますが、周りの目を気にしないで過ごし、イキイキと若々しい人生を歩むためには必要な経費です。

老化がある限り、女性も男性も「美」に対してはある程度投資をしなければなりません。

あなたも、できるところからAGA対策を行い、少しずつコンプレックスを克服していきましょう!