AGAの基礎知識

【真実】プロペシア・ミノキシジルの副作用【AGA改善の私が解説】

AGA治療をしたいけど、どんな副作用があるのかな。副作用が不安でAGA治療に踏み切れないよ。

AGA治療を始めようと思っても、副作用で健康に害が出るかもしれないので、どれくらい危険な副作用があるのか気になりますよね。

うす毛ライター
うす毛ライター
私もAGA治療を始める前は不安でたまりませんでした。

 

副作用で健康を害してしまうと、薄毛の悩みに加えてさらに健康問題まで抱えてしまうことになってしまうからです。

このため、AGA治療をする前には、一般的にどんな薬を使っていて、どんな副作用があるのか知っておくことが大切です。

そんな悩みに答えるため、この記事ではAGAの一般的な治療薬とそれぞれの副作用をまとめてみました。

知識を身に付けておけば、「こんな症状が出たら服用を止めるべきだな」とか、「この症状は危険なのでAGAクリニックに行って相談してみよう」など、正しい判断ができるようになります。

是非参考にしてみてください。

\単院で東京No1の患者数/銀座総合美容クリニック 公式サイト

AGA治療に使われる一般的な薬

AGA治療に使われる一般的な治療薬は、主に3種類です。

  1. プロペシア
  2. ミノキシジル内服薬
  3. ミノキシジル外用薬

プロペシアはフィナステリドという抜け毛を防止する成分を含んでおり、タブレット状の飲むタイプの薬です。

ミノキシジル内服薬は「、ミノキシジルタブレットというタブレット状のものが多いです。AGAクリニックの中には、発毛に良いとされている亜鉛やビタミンを配合してカプセル状で処方しているクリニックもあります。こちらはいずれも飲むタイプ薬です。

一方で、ミノキシジル外用薬は、薄毛の患部に直接塗るタイプの薬です。薬局で販売されているリアップが有名ですね。最近では、アンファー社がスカルプDメディカルミノキ5という商品を販売し、CMで話題になりました。

上記の3種類の薬は、それぞれAGAに作用する効果が以下のとおり異なります。

プロペシアの効果
AGAの原因となる悪玉男性ホルモン(DHT)の生成を抑制し、薄毛の進行を抑える

ミノキシジル内服薬の効果
血管を拡張することにより血行を改善し、発毛を促進する。
ミノキシジルが血流にのって頭皮の細胞に届くため、外用薬よりも発毛効果が高いと言われている。

ミノキシジル外用薬の効果
血管を拡張することにより血行を改善し、発毛を促進する。
ミノキシジル内服薬よりも成分の浸透率は低く、効果を実感するのに時間がかかる。

うす毛ライター
うす毛ライター
このように、薬の効果はそれぞれ違います。
同様に、薬の副作用もそれぞれ違うので、次はどんな副作用があるのか一つずつ説明していきましょう。

 

プロペシアの副作用

プロペシアは以下の副作用があります。

  • かゆみ
  • じん麻疹
  • 発疹
  • むくみ
  • 性欲減退
  • 勃起機能不全
  • 射精障害
  • 精液料減少
  • 睾丸痛
  • 血精液症
  • 男性不妊症
  • 精液の質低下
  • 肝機能障害

参考:KEGG

こうして見ると、たくさんの副作用があって恐ろしくなってきますね。

でも、確かに副作用が出る可能性はあるものの、規定量を守り用法を誤らなければ危険視するような薬ではありません。

なぜなら、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」によると、プロペシアの成分であるフィナステリドを374人の男性に投与した試験では、「性機能に関する副作用はありませんでした」との記載があるからです。

さらに、単院では東京で一番の患者数がいる銀座総合美容クリニックは、フィナステリドの副作用について

  • 正しい用法や規定量を守ればほとんど出ることはない
  • 銀座総合美容クリニックでは副作用が出た人は0.4%程度
  • 1%程度の方に勃起不全や性欲減退が認められるが、気のせいの可能性が高い。

と公式サイトで記載しています。

AGAクリニックの専門医もこのような見解を出しているので、規定量を守り用法を誤らなければ問題ないと言えるでしょう。

ちなみに私はプロペシアを4カ月毎朝1錠服用した経験がありますが、副作用はありませんでした。

ただし、プロペシアは肝臓で分解されるので、肝機能障害がある人は服用を避けた方がいいです。

また、プロペシアは悪玉男性ホルモンの生成を抑える薬であり、妊婦に投与してしまうと、男子胎児の生殖器官の発育に影響を及ぼしてしまうおそれがあります。

妊娠している可能性のある女性や、授乳中の女性が誤って服用してしまわないように注意しましょう。

特に、プロペシアは触るだけで皮膚から浸透してしまうので、薬のコーディングが割れたり砕けたりしないように注意が必要です。

  • 肝機能障害がある人はプロペシアを服用しない
  • 妊婦または妊娠している可能性のある女性が誤って服用しないよう注意する

 

ミノキシジルタブレット(ミノキシジル内服薬)の副作用

ミノキシジルタブレットは以下の副作用があります。

  • 全身の多毛
  • 血圧低下
  • 心拍数増加・動悸
  • 息切れ
  • 手足のむくみ
  • めまい・ふらつき
  • 頭痛
  • 胃腸障害
  • 心筋障害
  • 心タンポナーゼ(心臓と心臓を覆う外膜の隙間に液体や気体が溜まり、心臓が動きにくくなる症状。)

参考:メンズヘルスクリニック

こうして見ると、ミノキシジルタブレットにもたくさんの副作用があるのがわかります。

ミノキシジルは元々高血圧の治療のために、血管を拡げて、血圧を下げる薬として使用されていました。

この血管を拡げる作用によって、血流が良くなり発毛にも効果があることがわかり、AGA治療薬の発毛剤として使われれるようになった歴史があります。

うす毛ライター
うす毛ライター
血圧を下げる薬なので「血圧の低下」「めまい・ふらつき」「頭痛」などの症状が出るんだよ。

ミノキシジルには「全身多毛」の副作用が出ていることでわかるように、発毛効果が認められています。

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でも、ミノキシジル外用薬に関しては「推奨度A」と記載されており、発毛効果が認められた成分です。

でも、飲むミノキシジルタブレットに関しては、個人輸入で入手するなどして、安易に使用することは絶対におすすめできません。

なぜなら、ミノキシジルタブレットは心臓が動きにくくなる症状が出る場合があるなど、重篤な副作用が出る場合があるからです。

いくら薄毛に悩んでいるとはいえ、命とハゲの改善を天秤にかけると「自分の命>>>>>ハゲの改善」になりますよね。

毛が生えても命が危険にさらされては意味がありません。

とはいえ、ハゲることの苦痛は十分わかります。

周りの目が気になりますし、ハゲてきた頭を見てバカにされているんじゃという気持ちにもなりますよね。

ハゲは人生の幸福度が下げることにも繋がります。

そこで、どうしてもミノキシジルタブレットを使用して効果の高いAGA治療をしたいという場合は、AGAクリニックに行って、医師の管理の下でミノキシジルタブレットを処方してもらうことおすすめします。

ミノキシジルタブレットの製造販売は日本では認可されていませんが、医師の判断で処方することは可能です。

このため、ミノキシジルタブレットを取り扱っているAGAクリニックは全国に数多く存在しています。

AGAクリニックの専門医は、ミノキシジルタブレットの正しい使用方法を指導してくれます。

また、重篤な副作用が出る前に、検査などで処方を続けるか停止するかの判断をしてくれますので、信頼できるAGAクリニックにかかるようにしましょう。

\単院で東京No1の患者数/銀座総合美容クリニック 公式サイト

【AGA治療】銀座総合美容クリニック(銀クリ)をおすすめする5つの理由 このような疑問を抱えていませんか? 結論から言うと、銀座総合美容クリニックは、以下のとおり、5つのおすすめするポイントがあ...

 

ミノキシジル外用薬の副作用

ミノキシジルタブレットは以下の副作用があります。

  • 頭皮の発疹
  • 頭皮のが赤くなる
  • かゆみ
  • かぶれ
  • ふけ
  • 使用部位の熱感
  • 頭痛
  • めまい
  • 気が遠くなる
  • 胸の痛み
  • 心拍が速くなる
  • 原因のわからない急激な体重増加
  • 手足のむくみ

参考:スカルプDメディカルミノキ説明書

ミノキシジル外用薬は塗るタイプの薬なので、頭皮表面に対する副作用が多いですね。

また、ミノキシジルタブレットの副作用でも紹介したとおり、ミノキシジルは元々血管を拡げて血圧を下げる薬であったため、「めまい」「頭痛」「気が遠くなる」などの副作用も出る可能性があります。

とはいえ、外部からAGAの患部に作用するので、内部から作用するミノキシジルタブレットと比べると、命を脅かすような重篤な副作用が出る可能性はグッと低くなります。

このため、AGA治療では、ミノキシジル外用薬は規定量を守り使い方を間違わなければ、かなり頼もしい薬となってくれます。

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でも「推奨度A」と記載されており高い効果が期待できますね。

ちなみに私もミノキシジル外用薬を使ってAGA治療を現在進行形で行っているところですが、かなり薄毛が改善できました。

使用して8カ月になりますが、副作用はありません。

 

AGA治療の副作用?初期脱毛とは

AGA治療薬によって薄毛が改善する過程で、「初期脱毛」が起こることがあります。

髪が生え始める時は、太い毛が細くて弱々しい毛を押し出すように生えてくるため、弱々しい毛が大量に抜けます。これが初期脱毛です。

初期脱毛はAGA治療が効いている証拠であるため、悲観する必要はありません。

これまで紹介した、プロペシアやミノキシジルの副作用は自分にとってマイナスのことしかありませんが、初期脱毛が終わった時は髪が生えてきますので、初期脱毛が始まってもプラスに捉えるようにしましょう。

とはいえ、経験したことがないくらい大量に髪の毛が抜けるので驚いてしまうこともあります。

私の初期脱毛の時はこんな感じに抜けました。

くしを頭に10回程度通しただけでこの抜け毛ですから、かなり驚きましたし、不安になったのも事実です。

でも、この後抜け毛が収まり、だんだん太い毛が生えてくるのが見て取れてわかったので、めちゃくちゃ嬉しかったですね。

初期脱毛の経験については以下の記事で掲載していますので気になる方はご覧ください。

【体験談】AGA治療の副作用「初期脱毛」がやばい!発症期間と抜け毛の本数など解説 こんな風にAGA治療の「初期脱毛」に関して不安を抱えていませんか? 初期脱毛とは、AGA治療薬の有効成分が効き始め...
うす毛ライター
うす毛ライター
ちなみに、私の場合は初期脱毛は3週間。ミノキシジル外用薬を使い始めてから初期脱毛が発生したよ。

 

プロペシア・ミノキシジルの副作用まとめ

プロペシア・ミノキシジルの副作用

プロペシアの副作用
かゆみ・じん麻疹・発疹・むくみ・性欲減退・勃起機能不全・射精障害・精液料減少・睾丸痛・血精液症・男性不妊症・精液の質低下・肝機能障害

ミノキシジルタブレットの副作用
全身の多毛・血圧低下・心拍数増加・動悸・息切れ・手足のむくみ・めまい・ふらつき・頭痛・胃腸障害・心筋障害・心タンポナーゼ

ミノキシジル外用薬の副作用
頭皮の発疹・頭皮のが赤くなる・かゆみ・かぶれ・ふけ・使用部位の熱感・頭痛・めまい・気が遠くなる・胸の痛み・心拍が速くなる・原因のわからない急激な体重増加・手足のむくみ

こうしてみると

副作用だらけじゃないか!

という声が聞こえてきそうですが、軟膏や保湿クリームだって人によっては副作用が出る場合がありますからね。

量と使い方を守って正しく使えば問題ありません。

特に、プロペシアとミノキシジル外用薬は「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でも治療の「推奨度A」と評価されている薬ですので、薄毛を改善するには間違いない薬だと思います。

ただし、ミノキシジルタブレットは要注意。

発毛効果は高いと言われいますが、心筋障害など命を脅かす重篤な副作用がでる可能性もありますので、ミノキシジルタブレットを使う時は、AGAクリニックで専門医にしっかり検査してもらったうえで、服用するようにしましょう。

\単院で東京No1の患者数/銀座総合美容クリニック 公式サイト